レジをスマートにできる。レジアプリの始め方!

女の人

まずは資料請求

男性

基本的な3つの必要項目について

資料請求するには、必要項目を入力をしよう。その項目には各レジアプリによって変わるが、基本的な項目について説明すると大きく3つに分けることができる。「登録者の名前と会社名」「登録店舗の住所と電話番号」「メールアドレス」だ。最初に登録者の名前と会社名が必要になる。ここで注意して欲しいのは会社名だが、開業準備中で名前がまだ決まっていない場合「準備中」と記入するとよい。各アプリによって書き方は様々であるため、ちゃんと記入例を確認する必要がある。次に登録店舗の住所と電話番号だ。ここで注意してほしいのは住所。当たり前のことだが、住所を間違えてしまうと資料が届かない。基本的なことだが間違えないように、最低でも2重チェックはしておくと安心だろう。最後にメールアドレス。これはアプリからの重要な情報がリアルタイムで配信されるため必要不可欠である。しかし、アプリによっては登録しなくてもいいということがある。しかし、アドレス登録をしている方が安心である。ここで紹介したのは、あくまでも基本的な3つ。各アプリによっては資料請求理由や業種など入力する必要がある。詳しく説明を読む必要がある。

無料で試せるから安心してアプリ探し!

資料が届いたら、しっかりと確認するべきである。重要事項なども記載されているため流すように見てはいけないのである。内容を理解した上でレジアプリを利用していくのがよい。しかし、最初から使うのは不安という方には無料アプリからするのも良い。会計やレシート出力、領収書発行などもできるため、最初は無料アプリで使用感を確認しよう。

手に取って機能を感じ、ピッタリのレジか最終確認!

無料で試して気に入ったら本登録をしよう。アプリによっては月額登録をしないと使えないPOSレジの機能などもあるので、必要な場合は登録したほうが良い。また、月額登録をすることでメリットもある。月額登録の場合は、サポート体制も充実しているため安心できる。そういったメリットを考え、自分自身で手に取って良いアプリを見つけよう。

広告募集中