スタッフの手間を大きくカット

女の人

メリットしかないレジアプリ!

現在のレジは進化してアプリで商品や管理をすることができるようになった。今までのレジと比べ仕事の効率UPにも繋がるため導入する店舗は日に日に増えている。一番のメリットは簡単に操作できることである。様々なキーがあった従来のレジだが、タブレットによって必要なキーしか表示されないので間違えることも少なくなった。すぐに覚えることができるため、効率UPになるのである。

ハンディとPOSレジ

男性

メモレス接客

まだハンディやレジアプリが存在しないときには、飲食店にて注文を受けるときにメモが必須だったはずだ。しかし、レジアプリと連携が取れるハンディならその必要なく、タッチパネルをタッチするだけでいい。

注文はすぐ連携

ホールスタッフが受けた注文はそのままキッチンとレジに届けられ、料理提供と会計もスムーズに行なえる。これがメモ体制のままだったらどうだろう。キッチンには注文を受けた伝票が貼り出され、会計を出すときには手打ちで一つ一つのメニューをレジで打つしかなかったのだ。
その時代と比較すると、改めてレジアプリが画期的なものかが分かるだろう。

簡単な操作

これほどまでに多機能なレジアプリは、簡単な操作で扱えるのも特長だ。部門ごとにメニューが分けられているので、ドリンク、フード、コースなど注文に応じてタッチパネルの操作をしよう。
お客様の人数入力はもちろん、男女別に数を数えられるので、そのデータを元に、どのような客層にどのようなメニューの受けがいいのか分析できるのだ。

管理能力は抜群

レジアプリは、最初のメニュー登録さえきちんと行なえたら、そのデータが崩れることはない。もちろん金額が変動することもない。人の手作業だとミスがまったくないとは言い切れないが、その点、レジアプリなら管理能力にゆるぎない信頼を持てるだろう。

広告募集中