自店にあった、たった一つが見つかる

女の人

アプリは比較

レジスター

アプリ比較は重要なこと!

たくさんのレジアプリから自分の店にあったものを見つけるには、1つに絞らず多くのアプリを比較して決めよう。良いレジに近づくには各アプリの使用感や機能を見ることは大事である。下記ではその方法について紹介していく。

搭載している機能を確認!

アプリにはPOSレジ同様の機能が搭載されていることが望ましい。中には無料だから機能が少なかったり、操作性が難しかったりとイマイチなアプリもある。なので、搭載機能をしっかりと見極めて選ぶ必要がある。

24時間365日のサポート体制

店舗によっては営業時間が深夜、または24時間の場合がある。もし深夜にレジが使えなくなったら・・・と考える方もいるだろう。そんな時にはサポートセンターに力を借りるとよいだろう。選ぶ基準として24時間365日、サポートをしっかりしてくれるアプリが良い。

導入店舗の口コミ情報を見る!

現在、様々な業種で利用されているPOS機能のレジアプリだが、選ぶ場合に利用者の口コミ情報を確認するのも良いだろう。実際の声で見えてくる部分もあるため必要な比較方法である。口コミを確認することで自分の気になっていることも解決してくれる可能性があるのである。

レジアプリを導入している店舗はいったいどんなところ?

たくさんのメニューがある飲食店

多様な店舗に適したレジアプリはたくさんあるが、その中でも飲食店向けに作られたレジアプリが多いものだ。仕様はどれも似たようなものだが、注文から提供、会計までを一貫して管理できるレジアプリは、一度活用すると手放せない。

商品管理データが多いアパレル店

常連客で賑わうアパレル店には、もの凄く早いスピードで流行のファッションアイテムが入ってくるのだ。頻繁に商品管理データを更新する現場でも、やはりレジアプリは欠かせないだろう。また、店舗の顧客管理まで一括して行なえる。

カルテを大量に保管しないといけないクリニック

意外や意外にも、レジアプリは医療施設となるクリニックでも活用されているのだ。データ管理に強いレジアプリなら、患者のカルテを大量に残すことももちろん可能。症状を細かく記録できるので治療も進めやすい。

アルコールの大量発注がある酒屋

多種多様のアルコール飲料を取り扱う酒屋は、何も個人のみが顧客ではない。飲食店もその対象になるのだ。個人とは違い、大量発注が多い上に、空き瓶回収しなくてはならない飲食店にも円滑に対応できるのはレジアプリならでは。

様々な客層のアイテムを販売している衣料店

大型デパートでは、アパレル店よりも大規模な商品を取り扱っているものだ。そこではアパレル店のように、一種類のジャンルではなく多種類の衣料を揃える為、部門管理で別個化し、陳列する為の値札発行まで必要になる。

広告募集中