経済的な多機能が最大の特長

POS導入でレジが変わる

手打ちのレジから最先端機能へチェンジ!

よく、レジ打ちが早い店員さんの列に並んだほうが良い、と言う人も少なくないでしょう。実際にレジ打ちが早い店員なら時間短縮できます。お店や消費者にとってメリットしかありません。そういったベテラン技のレジ打ちのスピードと正確さがレジアプリでは、誰でも行えます。このサイトではレジアプリについて紹介させていただきます。

導入して得られた嬉しいメリット

no.1

純利益の向上

たかがレジアプリとあなどるなかれ。それ一つで削減できる費用はたくさんあるのだ。その中でも一番大きな人件費削減は、売上の右肩上がりに最も貢献するものだ。

no.2

付属アクセサリーの充実性

レジアプリを取り扱うときには、タブレット端末だけのリースや購入ももちろん可能だが、同時に専用のプリンターも導入しておくと領収書や日報、その他さまざまな文書発行を簡単に行なえる。

no.3

人件費を削減

人件費の削減を優先すると、どうしてもサービス力が低下するのではと懸念されていたが、レジアプリはそんな不安を払拭した。人ができるサービスと、システムができる経営管理を分担化するだけでこうも利益が動くものだ。

no.4

業務の時間短縮

どんな店舗でも、レジの締め作業時は緊張するもの。残るはずの現金に過不足があっては困るのだ。しかし、レジアプリがあれば計算が狂う心配はない。また売上日報を手書きする必要も、もちろん今後は必要ない。

no.5

経営管理の自由度

レジアプリをインストールするタブレット端末のサイズには、大から小まであるものだ。どれを選んでも、これまで主流とされてきたレジ備え付けの大型レジとは違い、どこでも持ち運んで経営管理が可能。

POSレジアプリについて詳しく紹介!

男性

まずは資料請求

始める前に、最初は資料請求をしましょう。資料請求に必要な項目や始めるにあたってのアドバイスなど、このページで細かく紹介しています。効率UPにつながるため、導入するキッカケとして、参考にしてください!

READ MORE
レジスター

アプリは比較

何かを買う時に比較する方はたくさんいます。レジアプリも同じで様々な機能やサポート体制などを比較して、良いアプリを見つけてください。また導入している店舗についても詳しく説明しています。ぜひ参考にしてください。

READ MORE
男性

ハンディとPOSレジ

レジアプリはメリットしかないのはご存知でしょうか。実際に効率UPした店舗もたくさんあります。このページでは、なぜ効率UPにつながるのか詳しく紹介しています。コレをみたら納得すること間違いないでしょう。

READ MORE

どんなサービスがあるの?

売上・在庫管理

レジアプリといえばこれだ、とも言える数字の管理。人の手作業で行なわれることはないので、レジ締め作業時に売上金の過不足の心配はないものだ。また、レジに入るスタッフとその時間を明確に残せるので高いセキュリティ力も魅力である。

クラウドシステムで保管

機械やネット通信にうとい人だと、クラウドとははてさてといったところだろう。これはオンライン上でデータを管理できるというもの。端末に異常が起きたとしても、データが消滅するトラブルは皆無なのだ。

無料ワイファイ環境

驚くほど、街中には無料ワイファイ環境である店舗が増えたものだ。それは、レジアプリと同時に得られるサービスであることがほとんど。無料ワイファイ、という条件はそれだけでお客様を集めるトリガーになるのだ。

安心のサポート体制

レジアプリを使い始めた頃は、どんなオーナーでも何のこっちゃ分からないもの。それほど多機能で優れているものだが、使いこなせなくては意味がない。その為、常に不明点を解消するサポートが導入時についてくるので安心だ。

クレカ決済

無料ワイファイ同様に、クレカ決済もお店選びの条件の一つになる。できることならお会計時の支払い法は充実させたいものだ。毎月、多少なりとも手数料が発生するが集客効果は高いだろう。

いざ導入を検討!でも、その前に不安を解消したい

やはり気になるのは導入価格ですが、いくらになるんですか?

レジアプリは一概に導入費用を明かせません。というのも、端末に搭載する機能の充実性によって差額が生じる為です。平均としては低料金のレジアプリで、約10万円といったところです。

早々に導入したいんですが・・

ありがたいお言葉ですが、本日契約して明日から活用というわけにはいきません。早くとも約1~2週間は掛かるとみておきましょう。

購入もできるならリースもありますか?

はい!もちろんリースもあります。月々手ごろな料金で利用できるので、レジアプリ自体が初めてだというオーナーにもおすすめです。

保証はどの地域でも可能ですか?

地域によってサポート体制が変わることもありますが、利用しているオーナーの方に不足ないよう、迅速に対応してもらえますよ。リースでもサポートしてもらえます。

導入後に機能を追加することもできますか?

可能です!レジアプリに機能を増やすのは難しいことではありません。しかし、たくさんありすぎてもその全てを活用することがなければ、必要最低限レベルの機能をお勧めします。

多くのオーナーから選ばれたワケ

ウーマン

大幅なコストカット

飲食店を経営するにあたって、最も大きく掛かるコストは人件費だ。できる限り人件費を抑えたいところだが、スタッフがいなくてはお客様へ満足したサービスを行なえない。さて、どうしたものか・・と考えたところでレジアプリの存在を知る。
レジアプリは人手が少なくとも、円滑に売上・在庫管理を行なえるので、大きなコストとなる人件費をカットできるのだ。

利用客のニーズ

飲食店ではお客様を飽きさせないよう、旬のメニューを備えたり人気メニューの充実度を高めたりと一工夫が必要である。その為には「お客様が求めるメニューがなにか」を知らなくてはいけない。
自身で注文を受けたメニューを記録することも可能だが、それにはひと手間が掛かるもの。そこでも役立つのがレジアプリだ。もうここまで来たら分かるかもしれないが、注文を受けた記録をレジアプリは全て記録することができるのだ。

外出先でもチェック

最近では、スマホやタブレットが生活から欠かせないものになっている。それを用いることでさまざまな連携をとったり情報を手に入れたりできるからだ。そんな端末がレジになる、画期的なレジアプリはこれまでの常識を覆し、外にも持ち出せることからいつでも店舗の経営状況を把握できるメリットがついてくる。
お会計をすると、金額表示がスマホやタブレットだった、というお店を見たことがないだろうか。着実にそれは増えてきているのだ。

系列店との連携

レジアプリはその店舗だけのものではない。当然、ネット通信可能である端末であることから、必要であれば系列店との連携も簡単にとれるのだ。系列店同士、順風満帆な経営を目指す為には迅速な報連相を実行しなくてはならないのだから、素早く繋がる連絡手段があるというのは便利なものだ。

数字管理のプロ

これまで手作業で行なわれてきたレジ締め作業。それを自動で行なうレジアプリは、先に伝えたようにスタッフの手を煩わせないので、結果的に人件費削減に繋がる。それだけでもメリットが大きいところだが、レジアプリなら売上や在庫、データ分析における能力には期待が掛かるところ。
よほどのことがない限り、数字のミスが生じることはないだろう。店舗のマーケティング力向上を叶えられるはずである。

レジが始まった歴史を学ぼう!

コンビニやスーパーなどの生活には欠かせないもので、お店では必ずと言っても良いくらいレジはあります。しかし、レジも日々進化しています。最初のレジは1878年にカフェ経営者が売上金のごまかしを防ぐために作られたと言われています。手動で行なわれていたレジが1900年に電動化されました。コンピューターで売上や商品管理ができるようになりPOSレジの関心が高まりました。そして現在は携帯やタブレットでもレジが使えるように進化しました。

広告募集中